リフォームの流れ | 札幌の住宅リフォームあんしんホーム株式会社

札幌リフォームあんしんホーム
.

フォームの流れ

01.計画づくり

まず、業者選びに入る前にやっておかなければならないことは、自分達がどんなリフォームをしたいのか具体的なプランを立てることです。

  • ・建物自体が老朽化してきたので改装したい。
  • ・建物全体の断熱性能を上げたい。
  • ・古くなった設備を入れ替えしたい。
  • ・子供の成長や親との同居を機会に間取りを変更したい。
  • ・内装の模様替えで雰囲気を変えたい。
  • ・将来を見越してバリアフリー対応にしたい。
  • などリフォームの動機、目的について、じっくりご家族でお考え下さい。

02.業者選び

リフォームで一番大切なのはなんといっても業者選びです。
業者選択の手順は以下のようになります。

業者候補のリストアップ
希望内容の説明、現場調査 → 基本プラン、概算見積りの依頼 → 基本プラン、概算見積り内容の比較検討 → 発注先の決定

詳細プラン、詳細見積り確認
見積りを依頼する際には、リフォームの優先順位と大まかな予算枠を伝え、さらに項目別にイメージしているリフォームに近い雑誌・写真・スケッチ等言葉で伝わりにくい部分を住宅の図面と一緒に用意しておくと良いでしょう。
数社に見積を依頼する場合には、各業者に「相見積り」である旨を伝えてください。
そして、各業者に同一の条件、同一の希望内容を具体的に伝える事が大切です。
条件が違うと、せっかくの見積りの内容を比較することができなくなってしまいます。
並行して、リフォームにかけられる予算枠を計算します。
現金支払いの予算枠、ローン利用の場合等割り出します。
リフォーム工事費用の他に、カーテン・家具等の新調やローンの手数料等の費用も考慮しましょう。

03.契約

発注する業者が決まったら、工事の完成を約束する「工事請負契約」を結びます。
口約束はトラブルのもとですので、契約は必ず書面で交わしてください。
再度工事内容・工事工程・使用する設備品の品番や色等・要望した補修個所の洩れ等の確認をお忘れなく。(小規模なリフォームの場合は「注文書」で代用する事が多いです。)

  • ・工事が始まる前に近隣の方にあいさつをしましょう。
  • ・工事中は騒音はもちろん車や人の出入りも多くなります。
  • ・無用な近隣の方とトラブルは避ける為に挨拶に回りましょう。

04.工事(施工)

施工が的確がどうかは仕上がりや完成後の住み心地に強く影響します。
工事の節目ごとに、指示どおり施工されているか、不備がないかを検討してもらいます。

リフォームの場合、実際に床や壁を開けてみないと内部の状態がわからないことがよくあります。
柱が腐っていたり、手抜き工事があったりなど、内部に問題箇所が見つかると、追加変更工事が必要になることも珍しくありません。
一般的には、予算総額の10%~20%くらいは、資金的な余裕をみたほうが無難です。

05.検査・引渡し

工事完了後、要望どおりに仕上がっているか業者と一緒に点検します。もし不都合があった場合には、すぐに直してもらいましょう。
後で不満が出て手直しを依頼すのは、なかなか言いづらい物です。
手直しが後日になる場合等、業者とその項目と内容、期日を打ち合わせし、口約束では無く、書類に明記してもらいましょう。
住宅設備機器の取扱説明書や保証書の引き渡しや最終工事代金の打ち合わせをお忘れないようお願いします。

06.アフターケア

工事完了後に不具合が見つかった場合にどう対応してくれるのか。
定期点検の有無は必ず行いましょう。